ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").

祖母が9日、92歳の大往生。少し秋めいてきた空に旅立っていった。
幸せな最期を迎えられたかどうか、送る立場にあっては心配と後悔ばかりが頭に浮かぶのだった。
まるでいつもの寝顔のままで、軽く肩をたたけば、びっくりして目を覚ましそうだった。
よくないこととわかりつつも、棺の中の顔を写真に収めたりもした。
我が子のように大切にしてくれた、いつまでもぼくのことを心配してくれた、
いつでもぼくのことを自慢してくれた、そんな祖母。本当にありがとう。ぼくは幸せもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Thanks for Petit Homepage Service