ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").

0306
今度はめぇさんと京都に。
京都はひさびさなのだった。めぇさんが雑誌・SAVVYで見つけてきた洋食屋さんへと。
もともと小さな旅館だったところを改装して営業しているらしく、佇まいはまさに旅の宿そのもの。
小さな玄関をくぐると、なんともなつかしい空気たっぷりの空間がひろがり、
客席は通路をはさんで左がテーブル席、右が小上がりの畳敷き。4人×6組ぐらいで満席な様子。
ぼくたちの前にカップルがひと組、そのあとも続々とお客さんが入って、あっという間に満席。
ふたりして雑誌に載ってたハンバーグ定食を注文する。他にもエビフライ定食やビフテキ定食などがあった。
おそらく赤ワインをふんだんに使ったと思われる真っ黒とも呼べるハンバーグソースはちょっぴり大人味。
あま~いお子様系ソースを期待していためぇさんは残念顔だった。笑。
 ●手づくり洋食 ふろうえんhttp://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/spot/sp_furouen
  住所  京都市左京区浄土寺石橋町30-1
  電話  075-771-1276
  営業時間  12:00~(L.O.13:30)、17:30~(L.O.21:30)、水17:30~(L.O.21:30)
  定休日  火休(年末年始休)
  交通手段  叡山電鉄叡山線出町柳駅より京都市バスで10分、「銀閣寺道」下車、徒歩3分
  平均予算  1300円~

食事のあとは近いこともあり、銀閣寺に出向く。
金閣寺には子供のころに行ったことはあったけど、銀閣寺は初めて。
この歳になって金閣寺を見たら、また違う印象をうけるだろうなぁ。
外国人観光客がたくさんいて、さすが観光地という感じ。

市バスの1日乗車券(500円)を買ったので、モトをとろうとバスで移動。
8つ先のバス停まで、と着いたのが京都御所の近くのバス停。
どうする?と歩きだしたものの、あてもなく。
日陰にいるとこごえそうなくらいの寒さだったので(バス待ちがたいへんだった!)
日陰の少ない場所へ、ということで御所の玉砂利の上を歩くことに。
ここでも梅の花が咲いていた。
そういえばこちらhttp://esper-m0939.petit.cc/で北野天満宮の梅を拝見。
他愛もない話をしながらブラブラ歩く、なんとも優雅でのんびりした時間を満喫。

そのまま三条くんだりまで歩いてきたので、イノダ本店にでも行こうかと思ったが、
なにをまちがったか錦市場で練り物を買い食い。店の名前を失念。

そのあとバスにのって、これまた雑誌に載ってた柚子ポン酢の店に向かおうとするものの
バスで座れた安心感と歩きつかれてたので熟睡。気づけばJR京都駅。
伊勢丹をウロウロして、なんとJRで大阪に戻ることに。をいをい。
で、ひさびさに一緒に夕食。さんざん悩んで、イーマの卯乃家に落ち着く。
食べた。めずらしくイチゴのデザートまで食べた。

いろいろあって、もう何ヶ月もふたりで夕飯なんて食べてなかった。
それよりももう別れちゃう?なんて話までしてたけど、なんだかここへ来て、大切さが増してきてる。

帰り際、こそっと紙袋を手渡して帰る。
くだらない雑貨をいろいろ詰めた誕生日プレゼント、迷惑だったろうなぁ。。。

photograph
昨日の夕方、西の空。photographページの写真の焼けてる部分をアップで撮影。
ちなみに大阪も今日は朝から雨だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Thanks for Petit Homepage Service