ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").
夢のはなし。
昨日はモリ家のみなさんhttp://dacafe.org/ http://veranda.petit.cc/のお家にお邪魔してる、という幸せな夢を見たのですが、今日はちょっぴりシリアスでした。
突然不治の病になってしまい、数日後には寿命ギリギリを待たずに死をうけいれる手術(簡単にいうと死にに行く)という、なんとも変な夢。
自分は死ぬとき、どんな風に振る舞い、どんな風に余生を過ごすのだろうと考えさせられる夢でした。夢の中で家族はいつものように接してくれ、ぼくはぽんさんとの思い出の地をひとり訪れる旅をしてました(記憶が飛んでるのだけれど、残されるぽんさんのことを想って別れてしまってたような、そんな感じでした)。
でもね、夢から覚める直前に、余命の書かれた紙を見たんだよ。まだ3年も残ってた。微妙~。
正夢にならぬよう、健康には留意したいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Thanks for Petit Homepage Service