ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").

結局4月は一度しか日記を書けず、clipにおいては一枚もUPできないまま終わってしまった。みなさんお元気?
なんだか忙しいままに時間はすぎていくのだが、最近になっては忙しいのか自分の手が遅いのか、わからなくなってきた。とりあえず仕事が手につかない。床につけば寝るのは早いのだが、その寝ようという気持ちになるまでに時間がかかる。これ、昨日ある人と話をしてて気づかされたのだが、自分の中で「これだけはやらないと気が済まない、寝れるかいっ」ってことが男の人にはあって、女性はそんなことより睡眠の方が大事、なんだそうだ。あ~そういうもんなんだ、と改めて思ってしまった。
ぼくにとってそれって、たとえばメールのチェックだったり、気になるHPをのぞいたり、あるいは仕事だったり、寝るよりもただボ~っとする時間が欲しかったり、そんなことだったりするのだが、これが一日の中で自分をリセットするためには不可欠だったりするのだけど。やっぱり女性にはわかってもらえないことなのだろうね。
あと、もうひとつ。ぼくをトリコにしてるものが。昔の熱が再発してしまった感じ。会社にはぼくと同年代の男性が何人かいて、たまたま何かのきっかけでぼくがそのバンドのことを口にしてしまってからというもの、変に熱が高まってしまって、6月にライブに行くことまで決まってしまったのだった。それからというもの、ちょっと昔のCDをひっぱりだしてきて「明日車の中で聞こう」とか遠足の前日みたいなことをしてみたり、最近の活動状況を調べてみたり、ほんと女性からしたら「くだらないこと」に時間を使ってるって思われるような日々を送ってたり。でもそれでぼくはリセットされ、すっきりした気分になれるのだから。
そういう時間もすごしつつ、ここでは決して書くことのできない、すご~くディープでブルーな悩みも抱えて、日々すごしてます。あと、咳がひどいです。出はじめたら止まりません。
折しも世間はGW。みなさんどこかへおでかけなのでしょうけど、これを書いてるってことは今日もぼくは家にいます。夕方ディープな件の用事ででかけてきます。明日はぽんさんと会えるかな。
【私信】
ぽんさん、ごめんよ。すんごく迷惑かけてるし、精神的にも辛い想いさせてるもんな。でもいつまでもこんなままにしておこうと思ってるわけじゃないから。それだけは信じて。

photo
UPできずじまいの4月の写真から。強い風に飛ばされてしまった桜の花びらがクローバーの上に。

Post a Comment

あっという間のゴールデンウィーク。ここ数日はケータイで仕掛けてる目覚ましで全く起きなくなってしまってるので、明日起きられるかとても心配。別の目覚ましをもうひとつセットしよう。

3日には神戸に出かけ、CHEER!にてひさびさに衣類(Tシャツ)を購入。服を買うなんてホントにひさびさのことだったり。夜はひっさびさにふたりで外食を。この数ヶ月、夜ごはんをいっしょに食べるなんてことがなかったので、変に新鮮。なんばの「えん」にて。

で、写真はというと今日の様子。舞洲(大阪以外の方へ。「まいしま」と読みます)になにげに出かけて、シロツメクサの多さに惹かれてクローバー探し。ひさびさに四ツ葉を1本ぽんさんが見つけたと思ったら、そこから立て続けにいくつか4ツ葉を発見。さらには写真のとおり、ぼくも初めての5ツ葉まで(写真は一枚だが実際は2本)見つけたのだった。

些細なことなのかもしれないけど、これで何か幸せが舞い込んで来やしないかと祈ってみたり。
あ~はっきりいって仕事に戻れるか心配。頭がゆるみすぎてる気がしてならないっす。

Post a Comment
母の日。
あいにくぼくの母は数年前に亡くなり、ぽんさんは大阪のおばさんの家に住まわせてもらってるような感じなんだけど、ぽんさんはそのおばさんにとカーネーションを購入。
別件で心斎橋の東急ハンズに出向いたところ、ちょうど1階で母の日特集みたいなのをやってて、当然のようにカーネーションも売ってたわけだが、どれもあまりにベタ。それなら、とぼくが連れてったのが京阪京橋駅の高架下にある「Ohanaya Chanto」という花屋。名前のごとくあの「ちゃんと。」の系列なんだけど、まず店員さんの服(完全に私服なんだけど)が好き。お店の雰囲気が好き。ぽんさん曰く「もうちょっと花の鮮度が良ければ…」という感想。う~んたしかに。
ぽんさんと話してたのが「お花屋さんとか美容師さんとかって、最初にこうと決めたイメージに向かってズンズン突き進んでいくのがすごいよね」ってことで。ぼくらの仕事って、どちらかというと職人的な内容だったりするんだけど、まだまだ完成途中での寄り道が多いなぁとお互い反省してました。完成をイメージできれば、ぼくも手は早いと思ってるんだけど、その鍛錬がまだなってません。
がんばんべ。
Post a Comment
Thanks for Petit Homepage Service