ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").

父が亡くなったときにお世話になった父の友人から手紙が届いた。
中身の見える透明の封筒に真四角のカードが数枚。
封を開けてみると、カードの真ん中に横長の写真と、
その下にコメントが添えてあった。
『湯上がりの家族を撮った天才写真家・娘8才の一枚』とか記してあった。

・・・。

ふと見回すと、封筒もカードもなくなっていた。
ふとんの中にいたぼくは、それが夢だったことに気づく。
今朝の、少し不思議な、少しすてきな出来事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Thanks for Petit Homepage Service