ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").

2月1日、目が覚めると外は一面の雪景色。といいたいところだが、ぼくはその雪の降り始めたのを知っている。なぜならそのときぼくは国道1号線の上にいたから。
仕事で深夜まで会社にいて、現場(カラオケ店)にツールを届け、帰宅しているところだった。突然降り出した雪はみるみるうちにその激しさを増し、家に着くころにはうっすらと積もりはじめていた。「これはこのまま降り続いたら積もるなぁ」と思いながらふとんに入ったのが午前3時半。次に7時前に目が覚めたときにはきっちりと積もっていた。かろうじて2センチほどか。ここまで積もるのは何年ぶりのことであろう。昨年暮れにも雪は降ったが一瞬のことだった。
こんなこともなかなかない、と当然のようにカメラを持って朝の散歩。「犬は喜び庭かけまわり」とはよく言ったもので、コロさんは元気にはしゃいでいた。

最近生活リズムがむちゃくちゃで、深夜に目が覚めることが多い。
この3日ほどを振り返ると、31日 午前3時起床→即寝、1日 寝ずに3時半→雪を見る→即寝、で今日2日 午前4時半起床→寝ずに今に至る(5時44分)。
さすがに疲れがとれない。というか起きる時間が早まっているのか?おじさん化?

写真はminoltaXEにILFORDのカラー現像できる白黒フィルムを入れて撮ってみたもの。仕上がりはいわゆる白黒プリントとは違い、セピアがかったもの。でも数日待つことなくプリントして見ることができるのはありがたいかもしれない。えーっとアップしたものはphotoshopにて完全にモノクロにして、ちょっとだけコントラストをいじった。

さて今日も朝の散歩だ。ただいま午前6時。今ごろになってすごく眠い。2度寝すればよかったと後悔。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Thanks for Petit Homepage Service