ぼくとめぇと詩と湊太とコロとシャッターの音と空と光。Personal diary of my family, our dog, the sound of shutter, and sky (in Japanese "sora").

みなさま、あけましておめでとうございます。トップにも書きましたが、今年もボチボチと更新していきますので、「さぼってんじゃねーよ」と思うことなくご贔屓に。なにとぞです。

そんなこんなで年末年始。めぇさんは29日のバスで徳島に帰るので、26日の日曜が年内最後。25日のクリスマスは会ってたものの見事にケンカぎみで。写真はかろうじてケンカ前にソクラテスでランチを食べてる時の一枚。もっと顔が写ってたのにダメ出し。で細工。昼間はひと言も口をきかずに3時間くらい車走らせ続けたりしたものの、夜はなんとかごはんを食べて。お肉やらシーフードやらを焼けた石の上で焼いて食べるという西梅田の石庵http://www.ishiyaki-issian.com/というお店。
26日はごく普通に、めぇさんがコートを探したり買い物などをして。
28日、めぇさんにメールで「(ぼくは)ガムテープのにおいがする」と言われる。
年内は30日まで仕事して、年始の準備にかかれたのは大晦日になってからで。野菜類は30日におおかた買ってたので祝鯛やらお飾りやらを慌てて買いに走りました。で見事に掃除まで手が回らず。夕飯のときに年越しそばも食べちゃって、コロさんの散歩をしながら年越し。あはは。
元旦は夕方から妹たちも帰ってきて食卓を囲みました。今年はおせちも手抜きで、買ってきたものを詰め合わせて乗り切りました。
2日もほとんどどこへも出かけず。ひさびさに家でゆ~っくりの~んびりしました。笑点スペシャルなんか見たりして。あんなにぼけーっと座ってるのなんてすごくひさしぶりだったなぁ。
今日は今日とて散歩してぼけーっとDVD見たりしてます。

まぁなんでこんなにバタバタだったかというと、もうさかのぼればおととしの8月の終わり(めぇさんが「(ぼくが)犬だったらどこまででも散歩に連れていったげるから」という意味不明の日記を付けた日、dailydiary参照)に検査して即入院が決まって。ぼくじゃなくて突然父が病に倒れまして。骨髄異形性症候群http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010220.htmlというもので、まぁ詳しくはさっきのリンク先を見ていただければどんな病気なのかはわかっていただけると思います。昨年の2月7日(妹たちと餃子の王将に行った日、dailydiary参照)に臍帯血のミニ移植手術を行い、元の病気そのものは一応快方へ向かっています。6月の誕生日前に退院し、しばらく家の用事を任せたりもしてたけど、現在は11月の終わりの検査で見つかった肝臓の数値の異変の治療のため再び入院中です。昨年も今年も年末年始は自宅で過ごすことができて、まぁ手をぬくことなくお正月の準備はして迎えてやりたいな、と思って。ギリギリなんとか形になったかなぁという感じでした、今年は。
2日の朝、また病院に戻って静養してます。

このことについては、ずっと書こうか書くまいか迷ってたのですが、今のぼくがこれを隠したままでは嘘になってしまうので、ここであえて書きました。

朝起きて散歩して身支度して会社行って仕事して帰りに病院寄る日もあって買い物してごはん作って食べて散歩して寝て。毎日このくり返しで、ホントいやになる時もあるけれど、家にはぼくと祖母のふたり。やらなければならないっていう義務感半分、自分の日々の達成基準でもあって。毎日「あーあれもしなきゃ」とか「またこれできんかった」とかあるけれど、それでも「がんばろ」って思い起こさせる理由になってて。

そんなこんなでめぇさんには外食の機会が減ってしまったり会う時間が短くなってたりで、すごく迷惑をかけてて、ホントに申し訳ないなぁと思ってます。こんなぼくと一緒じゃない方が幸せなんじゃないの?と、めぇさんが田舎に帰ってすごしてるこの正月もぼくはずっと思ってます。

さぁ正月休みも今日までだ。暮れにできなかった掃除を(ちょろちょろっと)やって有意義に過ごそうっと。年賀状いただいたみなさん、まぁこのプチを見てる人は少ないと思うけれど、ありがとう!今年はまだ書いてません!作れるか心配です!明日初出だし。でもせっかくなので、遅れても出しますから!しばしお待ちを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Thanks for Petit Homepage Service